愛知県名古屋市を中心とし、ホームページ制作・運用、コンサルティング業務を行っています[株式会社アルマジロ]のスタッフブログです。
お電話でのお問い合わせ・ご相談
電話番号:052-218-3340
営業時間:9:00-17:00(土日・祝日定休)
メールでのお問い合わせ・ご相談
メールアドレス:support@armadillo.ne.jp
カフェマジロトップ > データ紛失から学ぶこと

データ紛失から学ぶこと

6/20にファーストサーバーのデータ消失事件が発生しました。
事態はどんどん深刻化し、データ漏洩などの問題まで噴出し、
依然として復旧作業が進まない現状があります。

弊社は幸いにしてファーストサーバーとの業務連携は行っておらず
不測の事態に巻き込まれることはありませんでしたが、
弊社でも多くのお客様のデータを預かり管理する立場にある以上
対岸の火事ではいられない状況です。

弊社ではWEBサーバー上のバックアップは元より、開発データとしても
バックアップデータを取っているので、今回のような問題が発生しても
データが消失することはまず考えられませんが、世の中には
自社や開発会社側にもバックアップデータを持っていないところが
意外に多いことに驚きました。

今回の事件が人為的ミスであろうが、所詮は機械ですから、故障もあれば
データ紛失だって一般的に考えればあたりまえに起こります。
これは近年叫ばれている「クラウド至上主義」に対する警鐘だとも考えられます。

クラウドってなに? とか そんなの使っていない とおっしゃる方も
多いかと思いますが、実は知らないうちに使わされているんです。

たとえば、iTune で音楽をかって、ipodに入れている人
これだって、PC上だけで管理し、購入履歴もサーバー上で管理されています。
このデータが飛んでしまえば、大切な音楽データは失われることになります。

スマホを使っているひとの多くが、Googleアカウントやicloudアカウントを使って
撮影した写真、連絡先、メールなど実に多くのデータをネット上に保存しています。

何でもデータをネット上にアップし、それを取り出して使う便利さは
一度味わってしまうとなかなか手放せなくなります。
しかし、そのデータは失われる危険性があるんだということを常に認識していくことが
必要です。 
大切な人の連絡先をスマホだけで管理している人は危険ですよ
やっぱり手帳に書くのが一番なのかもしれません。