今こそアフターコロナに備えを

日本中ならず全世界が、新型コロナウイルスに翻弄されている状態です。
つい数ヶ月前まで、まさか日本に「非常事態宣言」が出される事態になることすら誰も予測できていなかったのではないでしょうか?
弊社も大きな打撃を受けている所ですが、各お客様、経営者の方は全力で雇用と会社を守るために日々格闘されていることと思います。

新型コロナウイルスは、学術的には「SARS-CoV2」という名称だそうです。簡単にいえば「SARS」と同じって事ですよね。
新型コロナウイルスという名称が、なんかあまり深刻に感じない原因とも感じているので、一層の事「新型SARS」と表現した方がその危機意識がぐっと高まるのではないかと思います。

初動対応の遅れが、現在の状況を生み出してしまったわけですが、我々経営者は、この難局を乗り越えることを考えるとともに、「アフターコロナ」についても、ちゃんと準備していく事が大切だと思います。いくらひどい状況とは言え、いつまでも続くものではありません。
直ぐに終息しないとしても、終わりはやってきます。そしてその後に続くコロナショックの後の世界それが「アフターコロナ」です。すでに世界中の経済学者がこのアフターコロナについて
提唱をし始めています。これほど大きなインパクトが発生すると、元の世界に戻ることはありません。
それは、今までの価値観やビジネスモデルが通用しなくなり、新しい価値観やビジネスモデルが
生み出される事を意味しています。

コロナによって生み出された価値観によって、

・事務所を持たず全社員がテレワークで業務をこなす会社が多くなる(固定費の削減、不動産業界の不況)
・宅配やオンラインショッピングが盛況になる(Amazonや楽天の比重がアップ)
・実店舗の優位性が減少(実店舗のオンライン進出が加速)
・ネットニュースやSNSの情報がより重要視されるようになる(SNS広告や口コミの重要制がさらにアップ)
・「ミニマム消費」から「貯蓄」へ(より消費が落ち込み、貯蓄型になる)
・自宅で行えることに注目があがる(オンライン飲み会、ネットスクール)

等々、ざっと考えられるだけでもこれほど大きな変化が予測されます。

では中小企業の皆さんにとっては、どんなことが対策として準備出来るでしょうか?
すべての企業に当てはまることは、ネットでの評価や露出がより重視されてくるということです。

お客様が会社やお店を評価する時も、新しいビジネスを始める時も、ホームページやウェブサイトの情報や内容に依存して判断されることが間違いなく多くなります。
また今回の政府の緊急保証や貸し付けは、対面で面談する事なく融資額が決定されるそうです。ではそういった銀行や担当者は何をもって御社の評価をするのでしょうか? ホームページに記載されている事業内容や最近の活動を見て判断されているのです。今までのように面談でアピールすることは出来ないのです。

今こそアフターコロナに向けて、自社ホームページをきちんと見直して見るのはいかがでしょうか?いいことではありませんが、普段忙しい経営者の方も、このコロナの影響で社内にいることが増えたという方も多いと思います。
この貴重な時間を使って、今一度自社のホームページが、きちんと対外的にアピールでき、戦略的に機能しているものか考えて行くことをオススメしたいと思います。

現在弊社での、緊急時のシフトを引いて業務に当たっておりますが、お電話やスカイプ、オンラインツールを使って一つでも多くの会社様をサポートさせていただけるように取り組んでおります。

このコロナショックを一緒に乗り越え、未来に向けた取り組みをさせていただける企業様をお待ちしております。